葬儀費用の公的な補助金 給付制度

申請しないと貰えません

故人様没日より2以内の申請が必要です

給付金制度とは?

葬儀終了後に、所定の手続きにより、各保険や健康組合等から葬祭費用の給付金を受取れる制度です。

給付金の対象者は?

各保険に加入している方が亡くなった場合、葬儀を行った人(喪主・施主)に支払われます。
・保険の加入者であればどなたでも受け取ることは可能です。

故人様が国民健康保険もしくは、後期高齢者医療制度に加入している場合

国民健康保険加入の場合・・・50,000円~70,000円(自治体により異なります

後期高齢者医療制度加入の場合・・・30,000円~70,000円(自治体により異なります

申請期間・・・故人様没日より2年以内

申請・問合せ先・・・故人の住民票のある市区町村役場の国民健康保険課

東京都 小平市を例に>国民健康保険加入の場合

■支給金額 50,000円

申請に必要なもの

〇葬祭を行ったことがわかるもの(会葬礼状・葬祭費用の領収書など)

〇亡くなった方の保険証

〇葬祭を行った方の印鑑

〇振込先がわかるもの(通帳またはカード)

■申請する場所

〇保険年金課(市役所1階)、東部・西部出張所

故人様が社会保険に加入している場合

被保険者の家族が埋葬した場合・・・50,000円

被扶養者が死亡し埋葬した場合・・・50,000円

被保険者の家族以外が埋葬した場合・・・50,000円を上限に実費分

問合せ先・・・加入している所管の保険事務所

申請期限・・・故人様没日より2年以内

故人様が国家公務員共済組合に加入している場合

葬祭費・・・100,000円~270,000円(各組合により異なります)

申請・問合せ先・・・加入している各共済組合

3つのお約束をします。

①お電話頂いた後のしつこい営業は一切いたしません。

②丁寧にそして誠実にご説明いたします。

③ご相談及びお見積はもちろん無料。